「平成最後」らしい。

最近は、「平成最後の〜」というフレーズを耳にタコができるくらい聞いています。

 

というのも、

平成が終わるらしい。

 

 

とは言っても、

元号が変わったところで、何か特別すごいことが起きるわけではないので、何も感じないし、思いもないし、ただ、いつも通り過ごすだけです。

 

たとえばもし、元号が変わる瞬間にジャンプしなければ「終わりのない平成」という世界に取り残され、次の元号時代に生け(行け)ないというなかなかスリルのあるものであれば、そりゃ何かしらの意識は持ちますが。

 

でもそんなことはなくて、

みんなに平等に明日が来るように

みんなに平等に令和時代が訪れる。

 

だからからか、平成最後のこの日は、

何もしない。

 

平凡に過ごす。