お堅い文化

学校ってなかなかお堅くて、

保護者や教育委員会、外部に何か資料を配布・提出する場合、職員組織の5〜7部問計7人くらいの人(校長込み)からチェックをしてもらい、いくつもの目を無事潜り抜けてから初めて出荷される。

 

起案っていうのかな。

 

 

この工程、確かに大事だけども、

正直、

「そこまでする〜!?」感が強い。

 

周りの同僚2、3人に見てもらって、あとは教頭にチェックしてもらってハイ終了で十分かなと、ぼくには思える。

 

学校文化に限らないでしょうけど。

 

一般的な企業でもこれは当たり前の文化なのかもしれないでしょうし。

 

ただ、ぼくが勤務する学校は小さいから、起案したらその日中に自分の手元に戻ってきて、すぐに出荷できる。

出荷ていうか、提出か。

 

大きい学校だと、

たった1枚の資料のチェックに、

2日、3日もかかることがあるんだとか。

 

なんなら、学校によっては、

最終チェック人の校長が(どうでもいい)細かいところを指摘して、その起案が一度差出人のところに戻り、一からまたいろんな人にチェックしてもらい、また校長のところへチェック…

なんてこともあるみたい。

となると、1週間はかかることも。

 

校長以外のみんながOK出してるのに、取るに足らないところでNGを出すなんて、悪い意味で度胸がある。

 

昨年度と同じ使い回し資料にも関わらず、NGを出す人もいたりいなかったり。

 

以前の勤務校がなかなかに劣悪だったところにいらっしゃった先輩教員は、その起案作業に苦しんだそうな。ベテラン教員なのにです。

 

「今年の校長(ぼくの勤務校の校長)は理解がある人で良かったよ本当に」

という言葉は、どこか重みがあった。

 

まだ働き始めて2週間経ってないけど、おそらく結構良いガチャを引いたのかもしれない。

 

部活や授業が始まれば話は多少は変わってくるでしょうが、正しく働く上では、直感的にここは大丈夫な気がする。

 

 

ただ、ここに慣れてしまい、

3、4年後の異動先がハズレだったときのギャップが怖い。

抜け道を探す能力、

つまりズル賢さは養っていきたいなぁ。

出会って、じゃあね。

今日は入学式でした。

それと同時に在校生徒と初対面でした。

 

あぁ、君たちがぼくの最初の教え子になるのかぁ。

 

みんな可愛いかったです。

 

教え子を持つってこういうことか、早くもワクワクソワソワしている自分がいました。

 

それと同時に、

条件的に厳しいですが、

なんとか『学び合い』で救いたいな、という強い思いも、芽生えました。

 

と言っても、まずは新任研指導教員、教科指導教員、そして周りの教員からの信用を得てからの方が無難だから、まずはそこからですね。

 

 

はい!イエス!喜んで!マンになりながらも、隙を見て、「ちょっといいですか…」と神妙な面持ちで話を持ちかけたい。

 

「この授業じゃ、

 きっと彼らのためにならない」

と。真剣に。

 

 

ただ、勤務地は言えないんですが、ぼくが勤務する自治体も、実は、全学校休校が決まっているので、明日からは生徒とちょっとお別れです。

 

やっと出会えたのに、またね、です。

 

寂しさはちょっとだけありますが、深い愛着が湧く時間にまでは達していないので、微妙な心境です。

 

 

さて、生徒のいない学校に、

行く意義があまり見当たらない現在。

 

学校とは違う分野で、

別のことをコツコツやっていこう、

今後のために。

最近の夢がおかしいのよ

2日連続、立て続けに変な夢を見る。

必ず3:30a.m.頃に目を覚ます。

 

一昨日は、こう。

目を覚ました直後にメモを取ったのでなんとか内容は新鮮なままだ。

 

川のようなドブが目の前に広がっていた。

そこではなぜか見知らぬ親子が魚釣りをしていた。

確かに、鯉みたい大きめの魚が2匹泳いでいた。

ただ、このドブ が、めちゃくちゃ臭い。

その上ヌルヌルしてる。

 

近辺に住む人は、

誰も近づこうとしないようなそんな場所。

 

なんでそんなところであの親子は魚釣りしていたのかは全く分からなかった。

 

そして気付けばぼくは、

「さぁ、景気付けに飛び込むぞ!」

なんてなぜか張り切っていた。

 

理由はわからない。

ただ、こんなときだからこそ、こんな場所に飛び込むのが、良いことなんや!

と誰かに吹き込まれたのかもしれない。

 

ただ、張り切ってるわりには、

「ドブ に飛び込むって…このシナリオおかしくない?」

と夢に対して批判的かつ冷静だった。

 

それでも飛び込んでしまった。

 

半分だけど、これは夢だと自覚していた。

けれど、感覚はあたかも本物のドブに飛び込んだかのように冷たさがあり、ヌメヌメ感もあって、悪臭もあった。

 

目を覚ますと、

悶絶しながら涎をシーツに垂らしていた。

んーみっともない。

 

昨日の夢は、メモ取ってないので断片的だ。

 

電車に乗ってたら、

2両目から1両目にかけて走る少女が、そのまま運転席の窓にぶつかり、割り、線路へ。。

 

トラウマだった。

 

あえて夢の意味・暗示は調べないが、なんか物騒だなぁ。