西川純先生のお話

止まない雨と業務

帰省を終え、上越へ帰ってくると、あら不思議。 次々仕事が舞い込んでくるようになった今日この頃。 あたかも待ち伏せしていたかのよう。なんてこった。 上からも下からも降ってくる。 この表現は本当にうまいと思う。 本当にそうなのだから。 きっと、おそ…

理論オタク

スタートが出遅れましたが、論文の執筆(準備)を始めています。 先行研究等を調べるついでに関連参考文献を読み始めています。 来年1月の学会に間に合うのか..。 とは言っても、何をやるかは決まっているし、 研究結果もなんとなく見える。 ただただ、「論…

西川先生とぼくの戒め

いろんな業務が今自分には課されているし、自分自身に課している。 「今日はここまで。ノルマなんで。」 と、そのうちのある業務について西川先生に半分本気で半分悪ふざけで話したら、 「ちょっとお前のパソコン貸せ」 とぼくのパソコンをいじり始めた。 自…

倍速にしても聞き取れる人

学年ゼミの様子を前までYoutubeにあげていた。 しかし今はちょっとした諸事情で、アップロードは避けている。 時間があるときには、Youtubeを開いてよく西川先生の音声をリスニングしていた。 基本、そういう類のものは倍速で聴く。 聴き流すイメージ。 注意…

憧れの教師像

ぼくがかつて憧れていた理想の教師像って、 「授業がうまい」 「みんな(こどもたち)と仲良くする」 だったと思う。 まあ、でも、院に入ってからは 別にそうじゃなくてもいいよなあ、と 思うようになった。 「もっとシンプルでいい」と思うのと同時に、 と…

結果主義者が結局良い

M2になってから学年ゼミは2週間に1回となった。 まあ、先生への質問タイムだ。 真面目な話 バカな話 ドキドキする話 『』の話.. 多岐にわたる。 『』に興味があるのはもちろんだが、 ぼくは「西川純」という人間・存在そのものに興味がある。 だからこのブ…

研究のすゝめ ~西川先生との対話を通じて~

昔、西川先生にぼくの論文(個人研究)を相談をしたことがある。 ちょいちょい難しいワードが出てくるから、基本スマホのレコーダーで録音している。 いろいろやることがあるけれど、 そろそろ個人研究も並行してやっていかねばなあと思い立ち、 そのときの…

『学び合い』は宗教って言われるけど

『学び合い』は宗教だよね(笑) なんて言われたことがある。 確かにそうかもしれない。 従来の教育と全く違う方法だから、異端者扱いされる。 かつ、その広がりの勢い(普及率)も、一つの教育としてみれば、尋常じゃない。 (ほぼ)全国に『』の会が存在す…

好奇心ゆえに聞いた質問

「緊張状態が全くない環境に、 人間が死ぬまでずっといたらどうなるか」 不意に、そんな考えが芽生えたため、先週から時間があれば ネット検索、CiNii検索をしていた。 でも見つからない。 日本語じゃダメなんだ、と思い、 海外の情報収集サイト(海外版知恵…

一貫した信念

西川先生のブログやツイッター、youtubeをたまに見る。 いや、そりゃあ毎日見てますよ。 毎日必ずこれら3つは開いているので、 必ず先生の投稿は目に入ってくるし無意識に読んでいる。 ぼくが今話したい「たまに見る」っていうのは、 5年前とか10年前と…

ぼくの言語習得方法

ぼくはもうちょっとで24歳になるけど、 この歳でも、当たり前ですが、 新しい言葉に出会う。 ぼくは、「出会ってはい終わり」ではなく、 密かに気に入ったものは覚えるようにしている。 そんなぼくの新出単語習得方法は、 西川先生の日々のブログやKindle本…

矛盾~いじめる本能 vs『学び合い』~

中野信子の ヒトは「いじめ」をやめられない bookmeter.com を最近読んでいる。まだ半分しか読んでいないのでなんとも言えないが、短くコンパクトに感想を述べよと言われたら、われわれ人間はどうしても「いじめ」てしまう生物なのかな、と腑に落ちはじめて…

西川純という男

西川純先生は、すごいところがたくさんある。 普段研究室では、 バカ話:じゃれあい:真面目な話 =5:3:2 という比率で関わるぼくとしては、 たまに先生のすごさを忘れてしまう。 近すぎて見えないとはこのことか、と思う。 だから、一旦俯瞰してみる。 ・理科…

西川先生、奇遇ですね。

最近、西川研究室学年ゼミ(週1であり/ゼミ生のばかげてるけど真面目な質問/それに答える西川先生) をYouTubeで視聴している。 ゼミというか談笑というか議論タイムである。 そうそう、先生はユーチューバーとまではいかないが、毎回固定カメラでその様子を…